FC2ブログ

低音活動記

ARTICLE PAGE

フットレストを使ってユーフォニアムを吹く

ユーフォニアム担当の石田です。

クラシックギター用のフットレスト(足台。guitar foot rest)を買ってみました。
これです。
ギター用フットレスト
(アマゾンで買いました)

クラシックギターを始めたのではなくて、何に使うかと申しますと、ユーフォニアムを演奏するときに使ってみようかな?と思いまして(Play the euphonium with a foot rest)。

ユーフォを椅子に座って吹くときに、猫背になってしまうのです。ユーフォのマウスピースの位置は、大人の身長の人が座って吹くには少し低い位置になるため、本来だと、楽器を膝に乗せず、左手で持ち上げて吹くか、または膝に台座(「ユーフォニアムまくら(ユーフォニアムピロー)」とかタオルを巻いたものなど)を置いた上に楽器を乗せればいいのですが、私の場合、つい昔からのクセで膝にそのまま楽器を乗せて吹くので、猫背になるという。。。

ユーフォニアムまくらの例

タオルを巻いて乗せる例(照喜名俊典さんのサイト)
↑このサイトの一番下の写真で、照喜名さんは背筋を伸ばして楽器を持っていますが、奥の方は猫背で吹いています。

きっかけは、楽器関係の本を読んでいた時に、クラシックギター奏者がフットレストに足を乗せてカッコよく楽器を演奏している写真が載っていて、そうだ、これを使ってユーフォを演奏したらどうだろうと思ったこと。

クラシックギターの構え方

以前から、自分の演奏時の写真やビデオを見て、姿勢が悪いなぁと感じており、改善せねばと思っていました。何年か前に「ユーフォニアムまくら」を使ったことはあるのですが、イマイチ使い勝手が良くないと思い、使わなくなり、人にあげてしまったのです。

姿勢よく吹くには、楽器の位置を少し上に持って来ればよいわけで、膝の位置を上げてやるとよい。じゃあ足台で足を持ち上げてやり、その上に楽器を置けばよいのではないか、と考えました。

まだ練習で3回ほどしか使っていませんが、背筋を伸ばして楽器を演奏することで、息もよく使えるような気がするし、音質が良くなった気もしています。ただし、楽器を腕で抱えるときと比べ、膝に置く楽器の位置が若干前になるため、口に当てるマウスピースの角度が変わります。それによって演奏にどのような影響が出るのかをしばらくの間、検証しようと思っています。

そのようなわけで、これからも使い続けるかどうかは未定ですが、調子がよかったら本番でも使うので、その際に見てくださいませ。

ネット上にも、フットレストを使ったユーフォの話題や写真がないので、もしかしたら世界初かな??
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply